前へ
次へ

つけ方のコツやおすすめのファンデーション

明るく澄みわたるような透明感、艶やかにハリのある仕上がり、使うたびに麗しい肌へ導くのは、化粧水や乳液などの基礎化粧品です。
ベースが整っていなければ、不健康に見えたり、それこそ年齢より老けて見えることもあるはずです。
抗年齢の意味も含めれば、基礎化粧品に付帯しなければならないのが、下地やファンデーションなどのベースメイクアイテムで、健康的に、キレイに魅せるのはこのアイテムのなせる技です。
その瞬間から、つけている1日の終わりまで、美しい状態をキープできるスキンメイクが注目を集めています。
今や、デパコスが話題をかっさらっていますが、フェースパウダーもベースを支える仕事人です。
メイクアップのベタつきを抑え、ファンデーションのもちをよくします。
パウダーはパフにたっぷり取ってもみこんでから肌にのせましょう。
最初は軽めに全体におき、徐々にしっかりと押さえますが、小鼻まわりはパフを2つ折りにしてからであればつけやすくなります。
ソフトな印象の肌に仕上げるならパウダータイプですが、外出先での化粧直しにはプレストタイプがおすすめです。

Page Top