前へ
次へ

オイルタイプのクレンジングがお気に入りです

これまで様々なクレンジング剤を使用してきましたが、特に私のお肌に合っていると感じているのが、オイルタ

more

薄づきなのにしっかりカバーすることも可

どの化粧品でも、カバーしたい部分にしっかりのせる、馴染ませることは大切ですが、コスメは適量を意識しま

more

カラーリングした後は入念にヘアケアしています

美容室でカラーリングをした後は、どうしても髪がパサパサするなどのダメージが気になります。
せっ

more

肌の色に合ったカラーの選び方を知る

ティーンエンジャーもメイクをする美容系時代に突入しています。
メイキャップアーティストのプロから教わるワケではないので、基本的には自己流です。
なので、ティーンエンジャーだからアマチャンだから、という理由でその女性のメイクを否定してはなりません。
どの年代においても「年代別のアイテム選び」がキーポイントですが、全体で参考にして欲しいのは「自分の肌色」です。
下地、ファンデーションなどのコントロールカラーの馴染みがよくなければ、きれい肌へ仕上がりにくくなります。
色選びでは、オレンジ・グリーン・イエローに分けることができますが、明るく健康的な肌の色はオレンジ系で、くすんだ肌の人におすすめです。
透明感のある肌の色はグリーン系で、赤みがかった肌の人におすすめで、落ち着いた肌の色はイエロー系で、日焼けした肌の人におすすめです。
たったひとつ、適切な色を選ぶだけですが、仕上がりは格段によくなります。
その上で、年代別にコンシーラーを使いこなしてみましょう。
シミや目の下のくまなど、気になる部分をカバーしてくれるアイテムです。
ティーンエンジャーならニキビ、アラサーならくま、アラフォーならシミという年代別の肌悩みに加えてみましょう。

1人1人の鍛えたいを叶えるジム
どういう身体にしていきたいのかお聞かせください

厚生労働省認可の確かなヒアルロン酸

Page Top