前へ
次へ

年齢を口にするより年齢差を埋めることを考える

若い年代(10代)では、皮脂の分泌も盛んで、パウダーファンデーションもリキッド化して肌に密着してくれます。
逆に、年を重ねるにつれて皮脂分泌が少なくなれば、粉っぽさだけが残りがちですから、コツとしてはフィニッシュパウダーを叩かず、リキッドファンデーションで化粧を施すということです。
肌と一体化する色、毛穴・凹凸カバーなど、今はファンデーションも進化していて多機能化しています。
しかしながら、しっかり密着するのはリキッドタイプです。
毛穴や凹凸を隠しながら、加えて厚塗り感を感じない仕上がりを目指したくなるのは年齢肌だからです。
それなりに経済面も豊かである年代だから、高品質密着コスメを選びましょう。
ハリ美溶液を配合し、うるおい、ハリが続くクリームのようなテクスチャーのクリームファンデーションも一押しです。
肌と一体化するようになめらかで、つけていることすら忘れられる軽さがあり、スキンメイクとも謳われており、実際に塗り広げてみれば、重さはなく、メイクを落とすことすら忘れてしまうほどに肌馴染みを感じられました。

Page Top